忍者ブログ
Life and PC   
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

毎日暑~い(。´Д⊂) のと節電!+忙しいのでPCを

あまり弄ってませんでしたが久々にBenchをやってみた♪

今回は少し前のPCMark03を廻しましたが、なんか

Graphicsが新鮮に感じましたよ(○´▽`)b










download link↓

http://www.4gamer.net/patch/demo/3dmark03.html

ぴぃ☆のPC ↓

http://star.ap.teacup.com/pii-no-pc/341.html




構成&セッテイングはこちら↓



Clock(MHz)FSB&倍率:5011.5MHz 200.5×25

CPU&ロット:Core i7 990X Extreme Edition

Vcore(V):1.528v

M/B: ASUS RAMPAGE III EXTREME

QPI電圧:1.475v

Memory:CORSAIR DOMINATOR GT CMG6GX3M3A2000C8

メモリ電圧:1.669v

DRAM Frequency:2004.6MHz

DRAM Timing:7-7-7-18-1T

VGA:EVGA GeForce GTX 580 FTW Hydro Copper2

VGA clock/mem/shader:1040/2520/2080

ストレージ: SSDN-ST64B×2 RAID0

OS:Windows 7 Ultimate 64Bit

電源:Enermax MaxRevo 1350W

スコア:123528

(CPU tests & Feature tests & Sound testsは

選択しなくてもscoreでるみたいです♪)









やはり暑い夏は水冷でも温度がきついΣ(゚д゚lll)

と実感しましたね。。。部屋を冷やし込まないと無理w

Benchmarkの重さは3DMark06と同等と思いました。
PR
PCの節電&静音対策に取り組んでるなか

せっかくなのでDOS/V POWER REPORT

自作PCの祭典 2011 真夏の省電力スペシャルに

エントリーすることにしてみました♪


http://www.dosv.jp/contest/7eco/index.htm




いつも消費電力測定はZALMAN ZM-MFC3 で

リアルタイムに見てるんだけどエントリーに

あたってカスタム EC-03 エコキーパーにて測定。







アイドル状態↓





スリープ状態↓





流石に限りなくプラチナに近い80+ゴールド電源の

ENERMAX MAXREVO/EMR1350EWTを使用しているので

待機電力もエコだ(○´▽`)b

またErP Lot6 2010(Energy-related Products )

をサポートしているから節電を考慮した環境配慮設計に

なってます♪




そして常用のCPU 4.0GHzにてベンチマーク測定。

実は節電の為、CPUクロックを下げ、極力電圧も

下げています。

電圧を下げることにより発熱も低くなり良い良い。(☆^ω^




PCMARK7↓








OCCT POWER SUPPLY↓







やはりOCCT POWER SUPPLYはFuturemark系のベンチより

電力くうな...φ(゜Д`゜●)ス⊃
PC電源をリニューアルしました(○´▽`)b

そしてEnermax MaxRevo1350Wが着弾されました♪

http://www.enermaxjapan.com/MAXREVO_feature/EMR1350EWT_feature.html








実は当初、どれにするか結構悩みました。。

とにかくQuad SLIや3way SLIのOC環境にも

対応出来る電源を選別する!!


ということで、候補は↓


Ⅰ,SilverStone SST-ST1500

Ⅱ,COOLERMASTER Silent Pro Gold 1200W

Ⅲ,ANTEC TPQ-1200-OC

Ⅳ,Enermax MaxRevo1350W


となりました。



一番候補のSST1500は電源の台座を遥かに

オーバーするサイズ、またケースに電源ファンの

吸気フィルターがあるのですが交換時に使用する

取っ手が使えそうになく止む無く断念(>_<)






TPQ-1200-OCは現状、ケースが窒息気味なのに

背面吸気のケース内排気なので、これもヤメ。。。


あとSilent Pro Gold1200Wは結論、Real Power

Pro1250Wよりパワーダウンとなる為、残ったのが

Enermax MaxRevo1350W というわけでしたw


今日インストールが完了しましたが、ALLプラグイン

なので余分なケーブルを無くすことが出来、ケース内も

スッキリしました(☆^ω^











そしてOCCTにて負荷テストをしてみました。

12Vも安定し、OCCTを難なくクリアといった感じでした(○´▽`)b











P.S. coneco.netにレビュー投稿しちゃいました^^

http://club.coneco.net/review/Review_Detail.aspx?rev=68588





6/20 追記:

coneco.netのレビューにも投稿してたんだけど、

MAXREVO/EMR1350EWTは起動&シャットダウン時に

リレーのカチッ音がしてます。気になったのでENERMAX

Japanに確認致してみました。そして下記のように返答が

ありました。



お問い合わせの製品MAXREVO/EMR1350EWTの起動時、

シャットダウン時のカチッという音は仕様となります。

MAXREVO/EMR1350EWTは通電後+5VSBのみ作動しますが

PFC回路は作動していません。(stand-by(待機状態)

モード) PS-ONの信号を感知後、まずPFC回路が作動し

(スイッチONの音がございます。)その後、主電源が

起動してPCが立ち上がります。またErP Lot6の新設計回路

によりシャットダウン時にもスイッチOFFの音がございます。





ということでMAXREVO/EMR1350EWTの特徴でもある新設計回路

による音みたいでとりあえず安心しました。

まぁ、気にすると気になる?というレベルなのでトータル完成度と

パフォーマンスを考えると十分満足でしょう。(☆^ω^



2011年5月12日、Futuremarkは,PC総合ベンチマーク

ソフトの最新版PCMark 7をリリースしました。

Windows 7以降専用で、総合スコアを得るためのテストで

あれば無料で何回でも実行できるようになっています。


詳細&ダウンロード↓


www.4gamer.net




早速テストしてみました。


☆環境


OS:Windows 7 Ultimate (64Bit)

CPU:Core i7 990X Extreme Edition

M/B: ASUS RAMPAGE III EXTREME

Memory:Corsair DOMINATOR GT CMG6GX3M3A2000C8

VGA:EVGA GeForce GTX 580 FTW Hydro Copper2

ストレージ: SSDN-ST64B×2 RAID0

PSU:Real Power Pro 1250W



【setting】

Clock(MHz)FSB&倍率:4818.7MHz 209.5×23

Vcore(V):1.475v(CPUZ読み)

QPI電圧:1.465v

メモリ電圧:1.643v

DRAM Frequency:1047.6MHz

DRAM Timing:8-8-8-20-1T

VGA clock/mem/shader:1000/2500/2000



スコア: 5624 PC Marks

テストは12分位で終わりました。







この↑設定でこのスコアとは(-ω-;) 基準が・・・・。

まだテストデータが少ないのですが調べてみると現状では

X58環境よりsandy bridgeのほうが良いスコアが出てる

みたいです。


☆参考 HWBOT PCMark7 WORLD RECORDS 2011/5



http://hwbot.org/rankings/benchmark/pcmark7/world_records




SLI&CrossFire、マルチGPUにも依存してない・・・・?

SSDなど早いStorage、RAID環境によってスコアがアップ

する・・? BrowserはIE8よりIE9のほうがいい?などなど

感じましたが、実際のところまだよく解りません(・∀・;)
今回行ったGTX580の上限電圧の変更方法についての

メモです♪ ベンチマークの高スコアーを狙うとき、

昇圧するときに適応する環境を構築!


※PCのオーバークロック、GPU BIOS書き換えは大変

危険なので自己責任でお願いします。そして今回の

記事はあくまで私のデータのメモなので補償は致し

かねます。 参考程度にして下さい!




☆VBIOS変更と、電圧リミッター解除方法
 
  ・まず、ぴぃ☆さんのBIOS書き換え編の項目を参考に
   しました。
   
   http://star.ap.teacup.com/pii-no-pc/224.html

  
  ・次に同じく、ぴぃ☆さんのなんでもベンチ4に友人の

   nontaさんが投稿している◆GTX480電圧リミット情報

   とその解除方法他を参考にしました。
  
   http://star.ap.teacup.com/pii-no-pc/275.html

 
   FDDがないのでにUSBメモリからDOSを起動する方法の

   下準備がとにかく大変でした。ヾ( ´д`)ノ゛特にWindows7

   及び64bit環境では 以下の必須ソフトが起動しません

   でした。(XPモードでも無理でした。)

   
   ・Virtual Floppy Drive
 
   ・HP USB Disk Storage Format Tool
 
       
   どうしてもDOS起動のプログラムをUSBへ入れるために、

   32bitのOS環境が必要なのでWin Vistaを再インストール

   し下準備をしました。Σ(´Д`||)
   

   32bitPCで作成したDOS起動のUSBはそのまま64bitOSで

   使用できるので安心しました。
 



☆VBIOS書き換えソフトを準備
  
  ・Farmi対応のnvflash5.91.0.1
   ダウンロード(zip)
  
  ・NiBiTor.v6.01(VBIOS書き換えツール)
   http://www.mvktech.net


☆PCIEスロットにVGAを一枚差し込む。

(※複数枚有っても必ず一枚でその他VGA以外も差し込まない。)


☆GPUZで現在のVGAのBIOSをコピー保存。

  ・NiBiTorを起動。

  ・NiBiTor内の「File」から「Open BIOS」より先ほど

   抽出したVBIOSを読み出す。

※ファイルの種類 .bin(GPUZのデフォ)
           

  ・読み出し後「Tool」内の「Farmi Voltage」を選択。




↑上記がノーマルBIOS。Limit項目が1163mVになってます。

 デフォルトBiosもバックアップ必須です!




そしてBios変更♪MaximumのLimitを1213mVに変更しました。

次に私の推測ですがSetting0~3の項目は、アイドル時、2D、

3D時などの使用時のリミット電圧を制御していると思います。

そこで検証した結果GTX580ではSetting3をMax1213mVへ変更

しました。





↑Bios変更後


ApplyでSaveBiosし、(※ファイルの種類は.romで保存しました。)

作製したUSBに入れ込み再起動後BIOS画面で1st Boot

DeviceをUSBBootに変更し、DOS画面に!

nvflash (変更したBios名).romと入力してやり

successful 後 Ctrl+Alt+Deleteで再起動で終了ヽ(´ω`)ノ




そして。。。

VGA clock/mem/shader:1020/2500/2040

のベンチマークが完走するようになりました。∩(´∀`)∩



カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
twitter
プロフィール
HN:
Kousei882
性別:
男性
自己紹介:


Country / Japan


~Main PC構成~




like option
ブログ内検索
バーコード
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
"Kousei882" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.